無料できままな楽々ライフ
*
無料できままな楽々ライフ > 現金プレゼント > ■賞金5万円などがもらえますー追手門学院第7回文章表現コンクール『青が散るAward』

■賞金5万円などがもらえますー追手門学院第7回文章表現コンクール『青が散るAward』

追手門 学院大学 第7回文章表現コンクール 『青が散る』Award

 小説『青が散る』は、追手門学院大学の第一期生であり、芥川賞受賞作家の宮本輝氏が、草創期の追手門学院大学を舞台に、若者の夢と哀しみを活写した青春文学の傑作です。

 その『青が散る』のタイトルを冠した「青が散る」Award-は、追手門学院創立120周年を機に、2008年度に設立された文章表現コンクールです。毎年、日本全国から多くの作文・エッセー、短詩を募り、2013年度は、5,000件を超える応募作品が集まったそうです。

 本コンクールは、追手門学院で学ぶ園児、児童、生徒、学生の文章表現能力を高めるとともに、学院外の方々に、広く追手門学院とのご縁を結んでいただき、その教育活動を知っていただくことを目的としています。
 
 ―『青が散る』Award―第7回目の本年も、学内外問わず、『青が散る』に思いを寄せるすべての方々から、広く作品を募ります。 奮ってご応募ください。

 協力:宮本輝ミュージアム
 (追手門学院大学付属図書館内)
 主催:追手門学院一貫連携教育機構 共催:大学創立50周年記念事業事務局
 後援:大阪府・大阪府教育委員会・茨木市・茨木市教育委員会 協力:追手門学院大学校友会

「応募要項」

【テーマ】
 下記テーマのいずれか

 1. 「青」について
 2. 見つけたよ!
 3. 今、伝えたいこと

【募集対象】

 『青が散る』に思いを寄せるすべての方々

【募集作品】

  I.作文・エッセイ
  原稿用紙800字~1,200字以内、ただし小学校低学年は400字程度

 Ⅱ.短詩(俳句や短歌、“つぶやき”など)
  字数制限はありません

※縦書き400字詰原稿用紙を使用(ワープロの場合、一行20字に設定すること)
 ホームページにて専用原稿用紙をダウンロードできます

※未発表の作品に限る(ただし複数の応募可)
※自筆、またはプリントアウトしたものも可
※応募原稿は返却いたしません
※応募者名は応募用紙に記入し、原稿用紙には記入しないでください

【募集期間】

2014年6月1日(日)~2014年9月10日(水)(当日の消印有効)

□応募方法
応募用紙に必要事項を記入し、
下記まで郵送ください。Emailでもご応募いただけます
(本文に応募用紙必要事項を入力し、応募作品は添付ファイルで提出してください

□応募/お問い合わせ
追手門学院一貫連携教育機構『青が散る』Award係

〒567-8502 大阪府茨木市西安威2丁目1番15号

TEL:072-641-9659 FAX:072-643-9479

Email:aogachiru@office.otemon.ac.jp

http://www.otemon.jp/eri/

【賞】

最優秀作品賞 作文・エッセイの部、短詩の部から各1名
 賞状、および副賞(5万円相当)、
 宮本輝氏直筆サイン本

優秀作品賞 各部門1名
 賞状、および副賞(2万円相当)、
 (一般部門、幼稚園・小学校低学年部門、小学校高学年部門、中学校部門、高校部門、大学・大学院部門、本学教職員・卒業生部門)

朝日新聞社賞 作文・エッセイの部、短詩の部から各1名
 賞状、および副賞(1万5千円相当)

審査員特別作品賞 作文・エッセイの部、短詩の部から各1名
 賞状、および副賞(1万5千円相当)

佳作 作文・エッセイの部、短詩の部から各1名
 賞状、および副賞(1万5千円相当)

【審査員】

 大川繁樹氏(文藝春秋社 文藝局第一文藝部長)、河内鏡太郎氏(武庫川女子大学図書館館長、芦屋市谷崎潤一郎記念館元館長)、朝日新聞社、本学理事、大学副学長、大学客員教授、一貫連携教育機構長、本学院小・中・高校国語科教諭、大学教員など

【協力】

 宮本輝氏(本大学第一期卒業生、芥川賞受賞作家)

【審査日程】

 [第一次審査]2014年10月予定 [第2次審査]2014年11月予定

【審査結果発表】

 2014年12月上旬予定『青が散る』Awardホームページで行うとともに、入賞者へ通知いたします

【表彰式】

2015年1月31日(土)14:00~(予定)
会場:追手門学院 大阪城スクエア
詳細につきましては、受賞者へ別途ご案内いたします

【個人情報の取り扱い】

応募者の個人情報につきましては厳重に管理をし、本企画で使用する他、追手門学院からの広報物をお送りする場合があります。入賞作品の著作権は本学院に帰属し、冊子・ホームページ上などで公表予定

<朝日新聞2014年6月掲載分>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です