頑張っている人には・・・

もう十分ガンバっている人に「ガンバって!」っていうのは無駄でしょ?

だって、それ以上頑張ってもしょうがないし・・・逆効果でしょ?

むしろ、「よくガンバってるね、でもたまには、骨休みしてね」ってねぎらってあげるべきだと思います。

子どもに対しては、ガンバっていればそれをしっかりと評価して、具体的に褒めてあげるとますます効果が上がるみたい。

それって多分、大人にだって当てはまることだと思います。

歯の浮くようなお世辞は逆効果だと思うけど、具体的に褒めることは、この人は私をちゃんと見て評価してくれてるんだ!と嬉しく思えるはず。

たとえ、無駄な努力のように見えても、頑張るという姿勢を見せているってことはその姿勢が今後に役立つことでしょう。

多分、無駄なことって何もない。失敗は成功の素だから。

頑張る方向性が違うって自分で気づけば。方向修正していけばいいだけのこと。

ドリカムの「何度でも」の歌詞にも“10000回だめでかっこ悪くても、10001回目は何か変わるかも知れない”って言ってます。

“明日がその10001回目かもしれない”

100回くらいしかやってないのにあきらめてしまうのはだらしない。何度でも何度でも繰り返してチャレンジしないとね。

あなたがガンバっているのは分かるから、あきらめずに進もうよ。私もガンバってついていくからね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です