何度でも言っていいこと

成功した人の話を聞いているとやはり共通点があるのです。

それは「成功」した人は諦めなかった人、逆を返せば「失敗」した人は「途中で諦めて挫折した」人。

成功の秘訣は成功した人にしか分からないでしょう。道なかばの人はなかなか頂上が見えないもの。あと10mで成功に届くところまで来ていてもゴール地点は見えてないかもしれません。

失敗は成功ではないですが、成功までたどり着くための足跡と思えばさほど苦にならないはず。

このやりかたでは成功におぼつかない、そう分かっただけでも成功に一歩近づいたと言えるでしょう。

失敗は成果ではありません。だから失敗が評価されるのは成功を手中にした時だけなのです。

だからあなたには有効でも、他人にとっては無意味なもの。

しかし、一歩ずつ進めば成功にはちょっとずつでも近づいているはず。

ゴールが見えてないから、頑張れる、ゴールが分からないから手抜きはできない。

何度でも繰り返します。あきらめなかければいつか成功します。

最後まで諦めなかった人が成功者です。

あなたはあなたが目指している目標とは違う場所に行くかも知れません。A山に登っていると思ったら、B山の頂上に到着してしまった・・・。

それもまたあなたがよしとすればゴールに違いないのです。

成功すればまた別のゴールを目指して行けばいい、それが人生というもの。あなたが最初に目指したものと違うところに到達しても、それも成功。。。。また別の成功を目指せばいいだけのお話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です